素敵なマッサージベッド

業務に必要なソフトを

体調不良 シニア男女

介護支援ソフトを使用するときは利用者数に注意です

介護支援ソフトを使用するとき契約をするときに注意する点があります。1つは実績利用者数が何人いるかです。そして今後利用者数が増える予定かどうかも必要です。人数単価で月に支払う使用料が変わります。介護支援ソフトでは利用者簿やカンファレンスシート、訪問介護計画書、被保険者への請求書など色んな管理ができます。事務がする仕事の書類の他に介護士や看護師が使用する書類も作成できます。ここで注意点があります。上記のような色々な機能がついていますが、それが事業のサービス内容と合っているかです。合っていなければ無駄になります。事務以外の人が使用する書類も入っていますので、誰でも簡単に操作できる介護支援ソフトでなければいけません。他は法改正に適応しているかを注意しておく必要があります。

無料体験を利用するべきです

介護支援ソフトはほぼ無料体験ができます。まずは無料で使用してみることが良いです。デモンストレーションもしています。担当営業がいますので質問ができます。介護支援ソフト会社が倒産することもありますので実績も考慮すべきです。今は介護支援ソフトを探すためにネットでナビがあり一斉に会社へ問い合わせができるようになっています。有効に介護支援ソフトを使用してほしいためか提供会社は施設へセミナーも開催しています。施設運営を守るための正しい介護記録の仕方など本来なら施設側がすべきセミナーや勉強会を代行してくれます。職員の勉強にもなりますのでお得です。またソフトを導入するときにインストールや初期設定が不要なサービスもあります。

Menu