素敵なマッサージベッド

必要不可欠なもの

入院

介護支援ソフトの歴史について

介護支援ソフトとは、介護事業者の業務効率の改善を支援するために開発されたITプログラムです。介護支援ソフトでは介護サービスを利用している顧客の情報管理に加え、在籍している介護スタッフの勤怠管理やシフト管理等を一つのシステム内で一元的に管理する事が可能となります。これまで介護事業の世界では事務業務のシステムインフラがそれほど整備されていませんでした。しかし、深刻な人材不足に悩む介護業界では業務効率の改善はビジネスを続けて行く上で大きな課題であり、介護支援ソフトはこうした介護業界の要請に応じて開発されたのです。初期の介護支援ソフトは介護サービス利用者の情報管理といった簡単な機能しか付いていませんでしたが、その後新たな機能が次々と付加され、利便性は飛躍的に向上しています。

支援ソフトに対する需要の今後の見通し

介護支援ソフトは人手不足に悩む介護業界では無くてはならない存在になりつつあります。大手の介護業者では介護支援ソフトを導入していない業者はほぼ皆無となっており、中小規模の介護事業者の間でも急速に普及が進んでいます。介護支援ソフトは利用コストがそれほど高くないのが特徴であり、低コストにもかかわらず大きな業務効率の改善が期待できるために多くの業者に支持されているのです。少子高齢化が進む日本では今後介護サービスに対するニーズが益々高まっていくと予想されています。そのため、介護支援ソフトに対する需要は今後も高まっていくと予想され、同時にソフトの機能の更なる充実化および高度化が進んでいくと考えられています。

Menu